事業内容 SERVICE

環境事業

循環型社会モデルとして、資源リサイクル事業に取り組み環境配慮活動の推進を図ることや、
障がい者の雇用を新たに創出することと自立支援に取り組みます。
温暖化防止自主行動計画の取り組みとして、
太陽光発電・エコ活動・デマンド監視を実施することで地域社会に貢献していきます。

取り組み内容

太陽光発電事業
太陽光発電システム 県内10箇所設置
固定価格買取制度(FIT:Feed-in Tariff)が法制化され、自然エネルギーで生み出された電気を高い価格で全量を買い取る制度が始まっています。この制度を活用して、2013年6月に物流センター(坂井市丸岡町)と本部センター(福井市)の屋上に、合計380kW規模の太陽光発電システムを設置しました。2016年4月現在15カ所で設置を行っており、発電規模は合計2,667kWになりました。
効果

CO2削減効果は
314,874kWh×1kWh当たり314.5gのCO2削減(太陽光発電協会の業界自主ルール)99t/年の削減効果

化石燃料(ガソリン)では
太陽光1kWh当たり0.227ℓ削減効果(NEDO太陽光発電導入ガイドブックより)×314,874kWh≒71,476ℓ/年間の削減効果(18ℓポリ容器3,970個分に相当)

森林換算では
杉の木の二酸化炭素吸収は14kg/年間(林野庁/環境省資料より)99,027kg/14kg≒7,073本/年間(植林したのと同じ効果)となります。

太陽光発電システムの概要 <丸岡物流センター>
発電能力
  • 発電出力 350kW
  • 年間発電量予測 315,000kWh/年 (平均家庭40~60軒分相当)
施工規模(仕様)
  • 太陽光パネル占有面積 2,320㎡(屋根面積の53%)
  • パネル 多結晶モジュール1,428枚
  • 積雪に耐えれる仕様
  • 総投資額 1億円
  • 施工業者 (株)スカルト
その他
  • 発電された電力はすべて北陸電力(株)へ売電
  • 火災・落雷・風災・雹災・雪災等のリスクに備えるため総合保険(財産条項)に加入
エネルギー管理システム
要冷機器を中央監視・制御するシステムを導入。物流センター内の電力制御を行うことでCO2削減に取り組んでいます。また、LED照明を入れることであわせてCO2削減に取り組んでいます。
エコセンター事業
共同購入時のチラシや店舗のリサイクルステーション資材(油は除く)を回収し、エコセンターでの圧縮加工を行います。
ページ先頭へ